コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御内書 ごないしょ

6件 の用語解説(御内書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御内書
ごないしょ

室町,江戸時代,将軍が発給した私文書で,形式は普通の書状であるが,公的意味をもつもの。下文 (くだしぶみ) ,御教書 (みぎょうしょ) などの公的文書に代って,足利尊氏以降,時代とともに盛んに用いられるようになり,徳川将軍家もこれを用いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ご‐ないしょ【御内書】

室町・江戸時代にかけて、将軍家あるいは上級武家が出した文書。差出人の権威によって、しだいに公的効力をもつようになった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

御内書【ごないしょ】

古文書の一つ。室町幕府の将軍家が発給した文書の名称。様式は公式文書の御教書(みぎょうしょ)に対して私的な普通の書状の形であるが,次第に公的意義をもつようになった。
→関連項目預状感状

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごないしょ【御内書】

室町幕府の将軍または室町殿(義満以降の政務権者)が公式に発給する御教書(みぎようしよ)以外に,直状で内々に出す書札。御教書には,御判御教書,管領奉書,頭人奉書,奉行人奉書,伝奏奉書,奉行奉書などがあるが,このような公式文書を発するまでもない軽易な事項,緊急を要する事項,超権的な処分,あるいは将軍,室町殿の私用には,御内書を用いた。足利尊氏からはじまり,義満のころには比較的よく用いられるようになり,やがて公式文書化して,義晴,義輝,義昭の代には重要な政治工作文書として盛んに用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごないしょ【御内書】

室町時代以後、将軍家から出される文書。形式的には私文書の書状であるが、公的効力をもつ。 → 御教書みぎようしよ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御内書
ごないしょ

南北朝~江戸時代に将軍が出した文書(もんじょ)の名称。書状形式の将軍の直状(じきじょう)で、最初は将軍自身の私用の文書として用いられることが多かったが、やがて将軍の公用文書となった。日付、差出書、充所(あてどころ)は書状と同一様式であるが、普通の書状では本文の書止めを「恐々謹言(きょうきょうきんげん)」とすべきところを、御内書は「也(なり)」で切るか、そのあとに「状如件(じょうくだんのごとし)」をつける。しかし書状のなかにも、書止めが「状如件」のものがあることなどから、実際には、書状との区別はかならずしも明確ではない。この文書形式を初めに使用したのは足利尊氏(あしかがたかうじ)で、軍勢催促や恩賞給与などに用いている。よく用いられるようになったのは足利義満(よしみつ)のころからで、代々の足利将軍、徳川将軍も使用したが、とくに戦国時代の将軍足利義晴(よしはる)、義輝(よしてる)、義昭(よしあき)の代には盛んに出された。御内書には通例、将軍の侍臣の副状(そえじょう)をつける。[清水久夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の御内書の言及

【御判御教書】より

…ただし直状といっても多くは右筆書であり,花押や自署さえ必ずしも自筆とは限らない。足利将軍,室町殿の発給する直状としてはこのほかに御内書(ごないしよ)があるが,武家の政治文書としては御内書は非公式な文書であって,書状に近く日付に年号を付さない。これに対し御判御教書は必ず書下(かきくだし)年号とする点で御内書と決定的に異なる。…

【古文書】より

…それとともに公家・寺社の間にも御教書(みぎようしよ)が行われるようになり,武家においても関東・六波羅・鎮西の御教書が用いられた。室町幕府にあっては,その制度的完成をみた足利義満以降は,前代の下文・下知状に代わって御判御教書御内書が最高の権威を有するものとなり,管領奉書以下の書札様文書が幕府の中心的な文書となった。書札様文書は書札から出発したものであるから,行書体で書かれるのが普通である。…

※「御内書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御内書の関連キーワード執事花の御所室町殿室町幕府花営部屋衆厩奉行御判御教書沙汰始室町幕府法

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御内書の関連情報