コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御物石器 ぎょぶつせっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御物石器
ぎょぶつせっき

縄文時代の磨製石器。ごもつせっきともいう。宮中に献上されたため,この名がある。太い棒状をなし,中央よりやや片方寄りにくびれた部分があり細くなっていて,全体は鉈のような形をしており,文様が施されている。岐阜県下に集中的に出土する。用途は不明であるが,何かの石器の変形したもので信仰上の石製品と考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょぶつせっき【御物石器】

中央からややかたよったところに大きなくびれ部のある,長さ20~40cmの長大な磨製石器。形態や文様から〈枕石〉〈猪頭形石棒〉とも呼ばれたが,明治時代皇室に献上され〈帝室御物〉になったことから,この名称が用いられるようになった。安山岩砂岩,黒色粘板岩を敲打したうえで,磨いて作っているが,磨きが不十分なものも多い。側面に三叉状連結文やそれに組み合う渦巻文,E字状文などを描くもの,前者の文様を単独で用いたものや,文様の無いものなどがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごもつせっき【御物石器】

岐阜県周辺に出土する縄文時代の磨製石器。長さ30センチメートル、舟形の中央にへこみのある特異な形状で、用途は不明。名称は、同種のものが皇室の御物になったことに由来する。ぎょぶつせっき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御物石器の関連キーワード御経塚遺跡林 魁一縄文時代同種

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android