コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心合寺山古墳 しおんじやまこふん

国指定史跡ガイドの解説

しおんじやまこふん【心合寺山古墳】


大阪府八尾市大竹にある前方後円墳。大和と河内の分水嶺として南北に走る生駒(いこま)山地西麓の扇状地、標高30mの斜面に立地する。墳丘は全長約160m、後円部径約92m、高さ約13m、前方部幅約56m、高さ約12m。南側が前方部、北側が後円部で、墳丘は3段築成。生駒山地の麓に等高線に沿うように築かれているため、その周囲の堀は南側、北側の2ヵ所で堤を造って区切られて東西で水位が異なる珍しい造りとなっており、1966年(昭和41)に国の史跡に指定された。外部施設には葺石(ふきいし)、埴輪(はにわ)列も確認され、埴輪は円筒形のほか、家や蓋(きぬがさ)などの形象埴輪朝顔形・壺形埴輪が検出され、古墳時代前期から中期の築造と推定される。史跡公園として整備され、墳丘の平坦部には円筒形埴輪(レプリカ)が並べて立てられている。出土した埋葬品は、八尾市立しおんじやま古墳学習館で展示されている。近畿日本鉄道大阪線河内山本駅から近鉄バス「大竹」下車、徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

心合寺山古墳の関連キーワード生駒山地等高線扇状地後円部葺石北側南側

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android