コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍夜恋曲者 シノビヨルコイハクセモノ

3件 の用語解説(忍夜恋曲者の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しのびよるこいはくせもの〔しのびよるこひはくせもの〕【忍夜恋曲者】

歌舞伎舞踊常磐津(ときわず)宝田寿助作詞、5世岸沢式佐作曲。天保7年(1836)江戸市村座初演。平将門の娘、滝夜叉が遊女となって大宅太郎光国に近づき、色仕掛けで味方にしようとするが見破られ、妖術で闘う。通称「将門(まさかど)」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しのびよるこいはくせもの【忍夜恋曲者】

歌舞伎舞踊の一。常磐津。通称「将門まさかど」。宝田寿助作詞。1836年、江戸市村座初演。平将門の娘滝夜叉姫が大宅太郎光国を籠絡しようとするが正体を見破られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忍夜恋曲者
しのびよるこいはくせもの

歌舞伎(かぶき)舞踊劇。常磐津(ときわず)。通称「将門(まさかど)」。宝田寿助作、4世岸沢式佐作曲、2世藤間勘十郎・4世西川扇蔵振付け。1836年(天保7)7月、江戸・市村座で2世市川九蔵(くぞう)(6世団蔵)の滝夜叉姫(たきやしゃひめ)、12世市村羽左衛門(うざえもん)の大宅太郎光圀(おおやのたろうみつくに)により初演。山東京伝(さんとうきょうでん)の読本(よみほん)『善知鳥安方(うとうやすかた)忠義伝』を脚色した『世善鳥相馬旧殿(よにうとうそうまのふるごしょ)』の六建目(むたてめ)大詰としてつくられたもので、平将門(まさかど)滅亡後、その余類詮議(せんぎ)のため、源氏の臣大宅光圀が相馬の古御所に忍び入ると、将門の娘滝夜叉姫が島原の傾城如月(けいせいきさらぎ)に姿を変えて現れ、色仕掛けで味方に引き入れようとするが、光圀に見破られ、ガマの妖術(ようじゅつ)を使って大立回りになる。常磐津の名曲で、滝夜叉のクドキ「嵯峨(さが)や御室(おむろ)の花ざかり」のくだりは大いに流行した。昭和初期に6世尾上梅幸(おのえばいこう)が屋体崩しを使って大掛りに上演した形式を、第二次世界大戦後6世中村歌右衛門(うたえもん)が踏襲し、その得意の演目として再三演じている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

忍夜恋曲者の関連キーワード常磐津宝田寿助常磐津一巴太夫常磐津兼太夫(初代)常磐津兼太夫(6代)常磐津小文字太夫(7代)常磐津松寿斎常磐津千東勢太夫常磐津松尾太夫(2代)常磐津文字翁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

忍夜恋曲者の関連情報