コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志津川湾 しづがわわん

3件 の用語解説(志津川湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志津川湾
しづがわわん

宮城県北東部,太平洋にのぞむリアス海岸の湾。南三陸海岸のほぼ中央に位置する。湾形は矩形で,幅 4km。湾口の船形島から湾奥まで 8km。湾内に椿島,竹島,荒島,野島など暖地性植物の茂る島や作根 (つくりね) と呼ばれる岩礁がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕志津川湾(しづがわわん)


宮城県北東部、本吉(もとよし)郡南三陸(みなみさんりく)町にある湾。歌津(うたつ)崎と神割(かみわり)崎に抱かれる。真東に開いたV字形の湾で、たびたび津波の被害を受けた。湾内には小島や岩礁が多い。ノリの養殖や定置網漁が行われる。南岸寄りに浮かぶ椿(つばき)島の暖地性植物群落は国の天然記念物に指定。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震による津波では大被害を受けた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志津川湾
しづがわわん

宮城県北東部、南は神割(かみわり)崎、北は歌津(うたつ)崎に抱かれた海湾。典型的なリアス式海岸で、小半島や岬によって多くの内湾に分かれ、湾内には小島や暗礁も多く、三陸復興国立公園(旧、南三陸金華山国定公園)に指定されている。湾の北西隅に志津川漁港があり、沿岸漁業の基地となっているほか、カキ、ノリ、ワカメなどの養殖が盛んで、タコ、ホヤは三陸を代表する特産物となっている。津波の害をしばしば受け、チリ地震津波(1960)のあとは、湾岸に長さ3000メートルの防潮堤が建設された。[境田清隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志津川湾の関連キーワード宮城県本吉郡南三陸町入谷宮城県本吉郡南三陸町歌津宮城県本吉郡南三陸町歌津馬場宮城県本吉郡南三陸町歌津港宮城県本吉郡南三陸町歌津吉野沢宮城県本吉郡南三陸町志津川宮城県本吉郡南三陸町平井田宮城県本吉郡南三陸町志津川本浜町宮城県本吉郡南三陸町戸倉宮城県本吉郡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

志津川湾の関連情報