南三陸町(読み)みなみさんりく

  • 南三陸〔町〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮城県北東部,三陸海岸志津川湾に面する町。西部に北上高地丘陵が連なる。2005年志津川町と歌津町が合体。奥州藤原氏ゆかりの地で,藤原秀衡は北部の田束山たつがねさん。512m)を霊山として七堂伽藍,七十余坊を造営,秀衡の四男高衡は志津川に居城した。江戸時代には仙台藩の直轄地として番所が置かれた。漁業が主産業で,ワカメやカキ,ホタテなどの養殖を中心とした磯漁業や沿岸漁業が盛ん。水産加工業,製材業も立地する。北東部の館崎で 1970年魚竜の化石が発見され,歌津館崎の魚竜化石産地および魚竜化石として国の天然記念物に指定された(→ウタツギョリュウ)。志津川湾にある椿島は全島タブノキの原生林に覆われ,自生北限に近く,林下にはヤブツバキをはじめ多くの暖地性植物が茂り,椿島暖地性植物群落として国の天然記念物に指定。海岸線は景勝地も多く,南三陸金華山国定公園に属する。JR気仙沼線,国道45号線が通り,国道398号線が分岐。2011年,東北地方太平洋沖地震に伴う津波により大きな被害を受けた。面積 163.4km2人口 1万2370(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宮城県北東部にあり、太平洋に面する。人口約1万4千人。ワカメやウニ、アワビ漁など漁業が盛ん。震災では震度6弱を記録。町によると、死者620人、行方不明者214人。リアス式海岸で津波被害が大きく、市街地のおよそ8割が浸水した。町民避難を呼びかけ続けた防災対策庁舎では43人が犠牲になり、震災を伝える遺構として保存解体地元でも議論が分かれている。

(2015-03-12 朝日新聞 朝刊 富山全県・2地方)

震災の死者・行方不明者は832人、全世帯の6割にあたる3321戸が全半壊した。今年11月時点で、プレハブ仮設住宅に2100人余りが暮らす。11月末時点の人口は、震災前より約4千人少ない1万3554人。

(2016-12-28 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南三陸町の関連情報