コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌津 うたつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌津
うたつ

宮城県北東部,南三陸町北東部の旧町域。東部は太平洋に面するリアス海岸で,西部に北上高地の丘陵が連なる。 1959年町制。 2005年志津川町と合体して南三陸町となった。中心集落の伊里前 (いさとまえ) は漁港で,ノリやワカメの養殖を中心とした磯漁業が盛ん。北西部の田束山 (たつがねさん,512m) にはかつて藤原秀衡が霊山として七堂伽藍,七十余坊を造営した。南東部の泊浜には仙台藩の唐船番所が置かれていた。伊里前の南東方,館崎の魚竜化石産地および魚竜化石 (→魚竜類 ) は国指定天然記念物。太平洋に突出した海岸は削立した奇岩が多く,歌津崎の景勝地を含め,南三陸金華山国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌津
うたつ

宮城県北東部、本吉(もとよし)郡にあった旧町名(歌津町(ちょう))。現在は南三陸(みなみさんりく)町の北東部を占める地域。1959年(昭和34)町制施行。2005年(平成17)同郡志津川(しづがわ)町と合併して南三陸町となった。JR気仙沼(けせんぬま)線、国道45号が通じる。旧町域の東は太平洋に面し、西には田束(たつかね)山、神行堂山(しんぎょうどうやま)などの山地がある。山林が多く、かつては木炭などの生産も多かった。耕地は全体の12%である。中心集落である伊里前(いさとまえ)は1693年(元禄6)に設けられた旧宿場である。泊浜(とまりはま)には1646年(正保3)幕府の鎖国海防令により設置された唐船番所跡がある。小漁港が多く、江戸時代以来漁業が盛んで、近年は浅海養殖業や水産加工品製造も行われている。海岸一帯は三陸復興国立公園(旧、南三陸金華山国定公園)に含まれる。館崎(たてざき)の魚竜化石産地及び魚竜化石は国指定天然記念物。また、平泉藤原氏とのつながりを示す伝説が残されている。[後藤雄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

歌津の関連キーワード宮城県本吉郡南三陸町歌津管の浜宮城県本吉郡南三陸町歌津宮城県本吉郡南三陸町ウタツギョリュウウタツサウルス南三陸[町]南三陸(町)山内 みな歌津[町]花安松江子ウタちゃん歌津〈町〉歌津魚竜志津川湾

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌津の関連情報