コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性硬膜下血腫 キュウセイコウマクカケッシュ

3件 の用語解説(急性硬膜下血腫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きゅうせい‐こうまくかけっしゅ〔キフセイカウマクカケツシユ〕【急性硬膜下血腫】

頭部の外傷などにより、硬膜の間で出血が起こり、短時間血腫ができた状態。外傷による脳の損傷、または血腫の増大に伴って脳が圧迫されることにより、意識障害などの症状が現れる。脳動脈瘤破裂など外傷以外の原因で起こる場合もある。→硬膜下血腫慢性硬膜下血腫急性硬膜外血腫

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

きゅうせいこうまくかけっしゅ【急性硬膜下血腫 Acute Subdural Hematoma】

[どんな病気か]
 脳のいちばん外側を包む硬膜(こうまく)とその内側のくも膜の間の血管が切れて出血し、血のかたまり(血腫(けっしゅ))ができたのが硬膜下血腫(こうまくかけっしゅ)です。
[治療]
 血腫が小さければ手術をせず、症状に応じた保存的な治療をします。血腫が大きければ手術をして血腫を取り除きますが、脳挫傷(のうざしょう)(「脳挫傷」)にともなって、あるいは太い静脈が切れておこることが多いため、予後がよくありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

急性硬膜下血腫
きゅうせいこうまくかけっしゅ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

急性硬膜下血腫の関連キーワード大門いの一番小指外塀どん仕舞いちばん桜コロコロイチバン眼瞼外反一番町結びの一番

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

急性硬膜下血腫の関連情報