コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性硬膜下血腫 キュウセイコウマクカケッシュ

3件 の用語解説(急性硬膜下血腫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きゅうせい‐こうまくかけっしゅ〔キフセイカウマクカケツシユ〕【急性硬膜下血腫】

頭部の外傷などにより、硬膜の間で出血が起こり、短時間血腫ができた状態。外傷による脳の損傷、または血腫の増大に伴って脳が圧迫されることにより、意識障害などの症状が現れる。脳動脈瘤破裂など外傷以外の原因で起こる場合もある。→硬膜下血腫慢性硬膜下血腫急性硬膜外血腫

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

家庭医学館の解説

きゅうせいこうまくかけっしゅ【急性硬膜下血腫 Acute Subdural Hematoma】

[どんな病気か]
 脳のいちばん外側を包む硬膜(こうまく)とその内側のくも膜の間の血管が切れて出血し、血のかたまり(血腫(けっしゅ))ができたのが硬膜下血腫(こうまくかけっしゅ)です。
[治療]
 血腫が小さければ手術をせず、症状に応じた保存的な治療をします。血腫が大きければ手術をして血腫を取り除きますが、脳挫傷(のうざしょう)(「脳挫傷」)にともなって、あるいは太い静脈が切れておこることが多いため、予後がよくありません。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

急性硬膜下血腫
きゅうせいこうまくかけっしゅ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

急性硬膜下血腫の関連情報