急性硬膜下血腫(読み)キュウセイコウマクカケッシュ

デジタル大辞泉の解説

きゅうせい‐こうまくかけっしゅ〔キフセイカウマクカケツシユ〕【急性硬膜下血腫】

頭部の外傷などにより、硬膜の間で出血が起こり、短時間で血腫ができた状態。外傷による脳の損傷、または血腫の増大に伴って脳が圧迫されることにより、意識障害などの症状が現れる。脳動脈瘤破裂など外傷以外の原因で起こる場合もある。→硬膜下血腫慢性硬膜下血腫急性硬膜外血腫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

家庭医学館の解説

きゅうせいこうまくかけっしゅ【急性硬膜下血腫 Acute Subdural Hematoma】

[どんな病気か]
 脳のいちばん外側を包む硬膜(こうまく)とその内側のくも膜の間の血管が切れて出血し、血のかたまり(血腫(けっしゅ))ができたのが硬膜下血腫(こうまくかけっしゅ)です。
[治療]
 血腫が小さければ手術をせず、症状に応じた保存的な治療をします。血腫が大きければ手術をして血腫を取り除きますが、脳挫傷(のうざしょう)(「脳挫傷」)にともなって、あるいは太い静脈が切れておこることが多いため、予後がよくありません。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

急性硬膜下血腫の関連情報