コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性硬膜外血腫 キュウセイコウマクガイケッシュ

2件 の用語解説(急性硬膜外血腫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きゅうせい‐こうまくがいけっしゅ〔キフセイカウマクグワイケツシユ〕【急性硬膜外血腫】

頭部の外傷などにより、硬膜の血管が損傷し、頭蓋骨硬膜の間で出血が起こり、短時間血腫ができた状態。血腫が脳を圧迫し、頭痛・嘔吐などの症状が現れる。血腫が大きくなると、意識障害をきたす。頭蓋内血腫の一つ。→急性硬膜下血腫硬膜外血腫慢性硬膜外血腫

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

きゅうせいこうまくがいけっしゅ【急性硬膜外血腫 Acute Epidunal Hematoma】

[どんな病気か]
 頭蓋骨(ずがいこつ)の内側におさまっている脳は、その表面を外側から、硬膜(こうまく)、くも膜、軟膜(なんまく)という3層の膜でおおわれています。
 硬膜にある血管が切れて出血し、頭蓋骨と硬膜の間に血のかたまり(血腫(けっしゅ))ができるのが硬膜外血腫(こうまくがいけっしゅ)です。
 頭蓋骨骨折の際にも生じます。
[症状]
 頭にけがをした直後は意識がはっきりしませんが、しばらくすると意識をとりもどして元気になることもあります(意識清明期(いしきせいめいき))。しかし、血腫が大きくなるにつれ、数時間のうちに(多くは1時間以内)、また意識障害がおこってくるのが特徴です。
[治療]
 ただちに手術を行ない、血腫を取り除きます。
 手術前に脳圧が上昇してきたら、脳圧降下剤を使用するなどして、脳ヘルニア(血腫に押され、脳組織の一部が正常な位置からはみ出した状態)の発症を予防します。
 脳ヘルニアがおこる前に手術ができれば、良好な予後が期待できます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

急性硬膜外血腫の関連キーワード口蓋骨篩骨鋤骨頭蓋頭蓋骨方骨内臓頭蓋脳蓋骨牛の頭蓋骨-赤、白、青皮膚の下の頭蓋骨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

急性硬膜外血腫の関連情報