コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性硬膜外血腫 キュウセイコウマクガイケッシュ

2件 の用語解説(急性硬膜外血腫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きゅうせい‐こうまくがいけっしゅ〔キフセイカウマクグワイケツシユ〕【急性硬膜外血腫】

頭部の外傷などにより、硬膜の血管が損傷し、頭蓋骨硬膜の間で出血が起こり、短時間血腫ができた状態。血腫が脳を圧迫し、頭痛・嘔吐などの症状が現れる。血腫が大きくなると、意識障害をきたす。頭蓋内血腫の一つ。→急性硬膜下血腫硬膜外血腫慢性硬膜外血腫

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

家庭医学館の解説

きゅうせいこうまくがいけっしゅ【急性硬膜外血腫 Acute Epidunal Hematoma】

[どんな病気か]
 頭蓋骨(ずがいこつ)の内側におさまっている脳は、その表面を外側から、硬膜(こうまく)、くも膜、軟膜(なんまく)という3層の膜でおおわれています。
 硬膜にある血管が切れて出血し、頭蓋骨と硬膜の間に血のかたまり(血腫(けっしゅ))ができるのが硬膜外血腫(こうまくがいけっしゅ)です。
 頭蓋骨骨折の際にも生じます。
[症状]
 頭にけがをした直後は意識がはっきりしませんが、しばらくすると意識をとりもどして元気になることもあります(意識清明期(いしきせいめいき))。しかし、血腫が大きくなるにつれ、数時間のうちに(多くは1時間以内)、また意識障害がおこってくるのが特徴です。
[治療]
 ただちに手術を行ない、血腫を取り除きます。
 手術前に脳圧が上昇してきたら、脳圧降下剤を使用するなどして、脳ヘルニア(血腫に押され、脳組織の一部が正常な位置からはみ出した状態)の発症を予防します。
 脳ヘルニアがおこる前に手術ができれば、良好な予後が期待できます。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

急性硬膜外血腫の関連情報