コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

息長氏 おきながうじ

世界大百科事典 第2版の解説

おきながうじ【息長氏】

近江国坂田郡息長(現,滋賀県坂田郡近江町,米原町一帯)を本拠とした古代の氏族。同郡天野川流域には5世紀末~6世紀後半の息長古墳群がある。この地は古代東山道,北陸道の要衝であり,琵琶湖に朝妻港をもつ交通の拠点であった。応神天皇の皇子若野毛二俣(わかぬけふたまた)王の子意富富杼(おおおど)王を氏祖と伝える(《古事記》応神記)。《古事記》などの系譜・伝承の中において,息長帯日売命(おきながたらしひめのみこと)(神功皇后)や息長真若中比売(おきながまわかなかつひめ)(応神天皇妃)など息長の氏名を冠する皇妃を輩出し,大王家との姻戚関係を伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

息長氏
おきながうじ

近江(おうみ)国坂田郡(滋賀県米原(まいばら)市)を本拠としていた古代豪族。意富富杼(おほほど)王の後裔(こうえい)と伝えられ、姓(かばね)は公(きみ)(君)。684年(天武天皇13)の八色(やくさ)の姓では、同族の三国公、坂田公、酒人(さかひと)公らとともに筆頭の真人(まひと)の姓を賜った。継体(けいたい)天皇の即位にあたっては、その背後にあって重きをなし、天皇家ともしばしば姻戚(いんせき)関係を結んだが、社会的地位が高いわりには有力者を出さなかった。奈良・平安時代には坂田郡司を歴任。ほかに京都府南部の綴喜(つづき)郡あたりにも居住していた。その祖先伝承には、神功(じんぐう)皇后伝説をはじめ、天皇家との関係を語る説話が多い。[塚口義信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

息長氏の関連キーワード押坂彦人大兄皇子忍坂大中姫南淵弘貞藤原忠文近江

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android