悉曇三密鈔(読み)しったんさんみつしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

悉曇三密鈔
しったんさんみつしょう

浄厳 (じょうごん) 著。3巻。天和2 (1682) 年刊。江戸時代初期の悉曇研究書として代表的なもの。独創性よりも,従前の説の集大成としての意味をもつ。浄厳契沖の師であったため,契沖,ひいてはその後の国学に与えた悉曇学の影響 (特に音韻相通説など) は大きいとみられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しったんさんみつしょう【悉曇三密鈔】

悉曇研究書。三巻。浄厳じようごん著。1682年刊。梵字の音韻・字義を説き、日本の悉曇学説を集約。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しったんさんみつしょう ‥サンミツセウ【悉曇三密鈔】

悉曇学書。序、条目、上本、上末、中本、中末、下之上、下之中、下之下より成る。浄厳著。天和二年(一六八二)刊。中世以降の悉曇学を集成し、梵語の発音、梵字のできかた、梵字の字義を述べたもの。その内容は、契沖を通じて国学の音韻論の基本思想となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android