烈烈(読み)れつれつ

精選版 日本国語大辞典「烈烈」の解説

れつ‐れつ【烈烈】

〘形動タリ〙 勢いが激しくさかんなさま。
経国集(827)一・重陽節神泉苑賦秋可哀応制〈菅原清公〉「望朝露之団々、聴夕風之」 〔詩経‐小雅・四月〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「烈烈」の解説

れつ‐れつ【烈烈】

[ト・タル][文][形動タリ]勢いの激しいさま。「烈烈と燃え上がる火」「烈烈たる士気」
[類語]過激ラジカル激しいすさまじい強烈猛烈激烈熾烈しれつ苛烈かれつ激甚急激峻烈しゅんれつ激越矯激きょうげきドラスチックファナティック先鋭痛烈辛辣シビア情熱的意欲的精力的熱狂的熱情的白熱的エネルギッシュ狂熱熱烈熱血熱っぽい血が騒ぐ血気盛んパッショネートホットバイタル活発快活精彩元気活動的動的ダイナミックエナジェティックあぶらが乗る水を得たうおのようバイタリティー生き生ききゃぴきゃぴいけいけのりのりぴちぴち溌剌はつらつ生生せいせいビビッド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「烈烈」の解説

【烈烈】れつれつ

高大・威武・猛烈・寒冷・風雨など、ことのすさまじいさまをいう。宋・文天祥〔沁園春、至元の間、燕山に留まりて作る〕 人生、翕(きふくつ)として云(ここ)にぶ 好し、烈烈轟轟(がうがう)として、一場を做(な)さん

字通「烈」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android