コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛新覚羅浩 あいしんかくら ひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

愛新覚羅浩 あいしんかくら-ひろ

1914-1987 昭和時代,愛新覚羅溥傑(ふけつ)の妻。
大正3年3月16日生まれ。嵯峨実勝(さが-さねとう)の長女。昭和12年満州国皇帝溥儀(ふぎ)の弟と結婚。翌年誕生した長女慧生(えいせい)は「日満親善のシンボル」とされた。夫がソ連に抑留されたため,22年次女嫮生(こせい)と日本にもどる。32年天城(あまぎ)山心中で慧生をうしなう。35年に釈放された夫と,北京にすんだ。昭和62年6月20日死去。73歳。東京出身。女子学習院卒。著作に「流転(るてん)の王妃」。
【格言など】からくにと大和の国が結ばれて永久(とわ)に幸あれ千代に八千代に(昭和53年の日中友好条約成立に際して)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

愛新覚羅浩【あいしんかくらひろ】

華族(かぞく)。東京都出身。本姓は嵯峨で,侯爵(こうしゃく)嵯峨実勝(さねとう)の長女。女子学習院卒業後,1937年に日満親善の国策のもと満州国皇帝の愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)/(アイシンギョロブーイ)の弟愛新覚羅溥傑(あいしんかくらふけつ)/(アイシンギョロブギェ)と結婚。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

愛新覚羅浩の関連キーワードイタリア映画ロッキード事件竹下登内閣日本目録規則愛染かつら羽越本線東海道本線磐越西線豊肥本線博覧会

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛新覚羅浩の関連情報