面談(読み)めんだん

精選版 日本国語大辞典「面談」の解説

めん‐だん【面談】

〘名〙 面会して直接に話すこと。面話。面議。
※明衡往来(11C中か)上本「心事期、謹言」
※海道記(1223頃)鎌倉遊覧「其中に古き得意一人ありて不慮の面談をとぐ」 〔晉書‐王伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「面談」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「面談」の解説

【面談】めんだん

相対して話す。〔晋書、王猛載記〕桓、關に入る。(王)猛、被して之れに詣(いた)り、一たび面して、當世の事を談ず。蝨(しらみ)を捫(と)りて言ふ。旁らに人無きが(ごと)し。、察して之れを異とす。

字通「面」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android