対談(読み)たいだん

精選版 日本国語大辞典「対談」の解説

たい‐だん【対談】

〘名〙 ある事柄について二人で語りあうこと。むかいあって話すこと。対話。〔文明本節用集(室町中)〕
※連続のリズム(1948)〈臼井吉見〉「彼女は、ある対のなかで〈略〉といっている」 〔黄庭堅‐謝王炳之恵石香鼎〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「対談」の解説

たい‐だん【対談】

[名](スル)向かい合って話し合うこと。また、ある事柄について二人で話し合うこと。対話。「政治改革をテーマに対談する」→鼎談(ていだん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android