対談(読み)たいだん

精選版 日本国語大辞典「対談」の解説

たい‐だん【対談】

〘名〙 ある事柄について二人で語りあうこと。むかいあって話すこと。対話。〔文明本節用集(室町中)〕
※連続のリズム(1948)〈臼井吉見〉「彼女は、あるのなかで〈略〉といっている」 〔黄庭堅‐謝王炳之恵石香鼎〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「対談」の解説

たい‐だん【対談】

[名](スル)向かい合って話し合うこと。また、ある事柄について二人で話し合うこと。対話。「政治改革をテーマに対談する」→鼎談ていだん
[類語]会話話し合い対話談話懇話懇談面談歓談雑談談笑閑談語らいカンバセーション討論討議ディスカッションパネルディスカッションシンポジウムフォーラムディベート鼎談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android