(読み)だんずる

精選版 日本国語大辞典「談」の解説

だん‐・ずる【談】

〘他サ変〙 だん・ず 〘他サ変〙
す。語る。説く。説き聞かす。
今昔(1120頃か)一三「年来(としごろ)の事を終夜(よもすがら)談じて」
※申楽談儀(1430)音曲の心根「曲舞よりうたふべしと談ぜられし也」
② 論ずる。論評する。
※談義本・根無草(1763‐69)前「紅白粉にて塗よごし、政をも談(ダン)ずべきにて、せりふなど吐出して」
③ 話しあう。相談する。
※今昔(1120頃か)二四「如此互に談ずる間、夜に臨て皆寝入ぬ」
※人情本・の枝折(1818‐30)前「予て御談(ダン)じ申せし通り、お専どのを里開きに遣はされ候様に」
④ かけあう。談判する。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「此ほどへはお由が理詰の掛合にて、むづかしく談(ダン)じてお由が方へ引取(いもと)ぶんとして、かわいがらるるやうす」
⑤ なじり責める。なじる。詰問する。

だん【談】

〘名〙 あるまとまりをもった内容のことを口に出してしゃべること。また、その話。
※正法眼蔵(1231‐53)画餠「糊餠すでに現成するには、超仏越祖の談を説著する祖師あり」
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉附録「関野工学博士の談(ダン)によると」 〔漢書‐東方朔伝〕

だん・じる【談】

〘他ザ上一〙 (サ変動詞「だんずる(談)」の上一段化したもの)
② 特に、なじり責める。詰問する。
洒落本・大門雛形(1789‐1801)三「さっきでへぶやりてにたんしられたな。うわきもてへげへにするがいい」

だん‐・ず【談】

〘他サ変〙 ⇒だんずる(談)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「談」の解説

だん【談】

岡山米焼酎。酒名は、家族や友人とゆっくり語り合いながら飲んでほしいという願いを込めて命名。10年以上熟成させた古酒原料米麹。アルコール度数25%。蔵元の「白菊酒造」は明治19年(1886)創業清酒大典白菊」の醸造元。所在地は高梁市成羽町下日名。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉「談」の解説

だん【談】[漢字項目]

[音]ダン(呉)
学習漢字]3年
話す。語る。「談笑談判談論会談懇談相談対談筆談密談面談
話。話した事柄。「縁談怪談奇談巷談こうだん講談史談政談破談美談漫談余談
[名のり]かた・かね

だん【談】

あることについて話をすること。また、その話。「関係者のによると」「成功
[類語]会話話し合い対話対談談話懇話懇談面談歓談雑談談笑閑談語らいカンバセーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android