コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戌井市郎 いぬい いちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戌井市郎 いぬい-いちろう

1916-2010 昭和-平成時代の演出家。
大正5年8月5日生まれ。俳優・喜多村緑郎(ろくろう)の孫。昭和10年創作座にはいる。12年文学座創立に参加,久保田万太郎,岸田国士(くにお)らの助手をつとめた。戦後創作戯曲の演出を担当,29年「島」「退屈な時間」で注目され,「華岡青洲の妻」などを手がけた。平成18年日本劇団協議会会長。20年読売演劇大賞芸術栄誉賞。孫に小説家・俳優の戌井昭人。平成22年12月15日死去。94歳。京都府出身。京都第二商卒。本名は市郎右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

戌井市郎【いぬいいちろう】

演出家。京都市祇園に生まれる。京都府立第二商業学校卒業。1937年,文学座創立に参加。久保田万太郎岸田国士岩田豊雄の演出助手となる。文学座舞台の演出を数多く手がけるが,新派,歌舞伎の演出も引き受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

戌井市郎の関連キーワード太地 喜和子女の一生土田卓

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android