コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦争保険 せんそうほけんwar risks insurance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦争保険
せんそうほけん
war risks insurance

戦争に起因する各種の危険に対する損害保険。第2次世界大戦中の日本では,爆撃艦砲射撃などにそなえての空襲保険,戦争による死亡,身体の傷害に対しての戦争死亡傷害保険,戦時海上再保険などの政府による公的戦争保険が実施されたが,戦後の戦時補償の打切りにより一定金額以上の保険金は支払われなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんそうほけん【戦争保険】

戦争による人的および物的損害を塡補(てんぽ)する保険。近代戦争による財物の破壊は広範囲に及ぶこと,および戦争はその発生の頻度,損害の程度を予測することがきわめて困難であることから,本来的に戦争保険は民営の保険事業になじみにくい。したがって今日いずれの国においても,あらゆる保険種目の普通保険約款では,戦争危険を担保しないこととしている。しかし海上保険では,民営の戦争保険の一つとして,状況に応じて変動する割増保険料を徴収して一定の戦争危険を特別約款によって担保している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android