コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戯える ソバエル

デジタル大辞泉の解説

そば・える〔そばへる〕【戯える】

[動ア下一][文]そば・ふ[ハ下二]
風が甘えかかるように、やわらかく吹く。
「冷たい頸元に―・える軽い風に吹かれていると」〈秋声あらくれ
動物などがたわむれる。
「犬は木陰を離れて…原中で羽虫を―・えて居る」〈風葉青春
なれ親しんでふざける。甘える。
「―・へたる小舎人童(こどねりわらは)などに、ひきはられて泣くもをかし」〈・三九〉
日照り雨が降る。〈俚言集覧〉
[補説]室町時代以降はヤ行にも活用した。→戯(そば)ゆ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そばえる【戯える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 そば・ふ
そよ風がやさしく吹く。 「冷い頸元に-・える軽い風に吹かれていると/あらくれ 秋声
馴れてたわむれる。あまえる。 「 - ・へたる小舎人童などにひきはられて泣くもをかし/枕草子 39
動物がじゃれる。 「目貫はくりから不動に猫の-・へる所を物ずき/浮世草子・御前義経記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

共謀罪

ある特定の犯罪を行おうと具体的・現実的に合意することによって成立する犯罪。実際に犯罪を行わなくても、何らかの犯罪を共謀した段階で検挙・処罰することができる。米国や英国などでは設けられているが、日本の刑...

続きを読む

コトバンク for iPhone