戸塚区(読み)とつか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「戸塚区」の解説

戸塚〔区〕
とつか

神奈川県東部,横浜市南西部の区。多摩丘陵にあり,中央を境川の支流柏尾川が南流する。 1939年区制。 69年区の北西部が瀬谷区となり分離。 86年北西部を泉区,南東部を栄区として分離。柏尾川の谷にある戸塚町,吉田町,矢部町は近世東海道の戸塚宿の地で,旧道沿いの本陣跡,脇本陣跡,マツ並木に面影を残す。第2次世界大戦後は工業地域となり,電気機器,化学,食品,ゴム工業などが進出し,現在では京浜工業地帯の一部となっている。戸塚駅周辺は 1970年代末からの再開発で大きく変貌し,JR東海道本線と市営地下鉄が乗入れ,また 80年 JR横須賀線東戸塚駅が開業し周辺の山林は大規模な高層住宅団地となり,これらの地域は市の副都心として整備が進められている。丘陵地は農業地帯であったが,東海道本線に加えて,南部は JR根岸線,北部は相模鉄道いずみ野線の開通により 1960年頃から大規模住宅団地の建設が相次いだ。横浜新道,国道1号線が通る。面積 35.79km2。人口 27万5283(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android