コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸塚洋二 トツカヨウジ

3件 の用語解説(戸塚洋二の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とつか‐ようじ〔‐ヤウジ〕【戸塚洋二】

[1942~2008]物理学者天文学者。静岡の生まれ。小柴昌俊に師事し、カミオカンデスーパーカミオカンデの建設にたずさわる。平成10年(1998)、ニュートリノに質量があることを確認。平成16年(2004)文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸塚洋二 とつか-ようじ

1942-2008 昭和後期-平成時代の物理学者,宇宙線天文学者。
昭和17年3月6日生まれ。昭和62年東大教授。同大宇宙線研究所付属神岡宇宙素粒子研究施設長,同研究所所長をつとめ,平成14年高エネルギー加速器研究機構教授,15年同機構長。その間,スーパーカミオカンデを建設,ニュートリノに質量があることを確認するなど,ニュートリノ物理学,ニュートリノ天文学の発展に貢献。14年文化功労者。16年文化勲章。平成20年7月10日死去。66歳。静岡県出身。東大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸塚洋二
とつかようじ
(1942―2008)

物理学者。静岡県富士市生まれ。1965年(昭和40)に東京大学理学部物理学科卒業。小柴昌俊(こしばまさとし)の指導のもと、神岡鉱山(岐阜県)の地下で宇宙線のミュー束の研究を行い、1972年に理学博士の学位を取得した。ハンブルクのドイツ電子シンクロトロン研究所(DESY:Deutsches Elektronen-Synchrotron)で加速器実験について学び、1981年にカミオカンデ建設のために帰国。1995年(平成7)に神岡宇宙素粒子研究施設長に就任(~2002)。1997年に東京大学宇宙線研究所長(~2001)。1998年にスーパーカミオカンデでニュートリノ振動を検出して、ニュートリノの質量がゼロではないことを世界で初めて示した。2003年(平成15)には、高エネルギー加速器研究機構(KEK)の機構長になり(~2006)、ニュートリノの質量を正確に測定するために、茨城県東海村の大強度陽子加速施設(Japan Proton Accelerator Research Complex、略称J-PARC)から神岡のスーパーカミオカンデにニュートリノを飛ばす実験を行った。2002年文化功労者、2004年文化勲章受章。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸塚洋二の関連キーワード飯高茂内山秀夫岡庭昇鴨武彦清川雪彦重田保夫謝名元慶福辻隆中川清司中西珠子

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戸塚洋二の関連情報