コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戻し税 モドシゼイ

3件 の用語解説(戻し税の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もどし‐ぜい【戻し税】

国が一度徴収した輸入関税を、ある一定の条件が満たされた場合に、その一部または全部を払い戻すこと。また、その税金。
減税で、過去の年度に徴収した所得税の一部を納税者に払い戻すこと。戻し減税。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

もどしぜい【戻し税】

関税納付済みの輸入貨物が一定の要件を充たした場合に、納付済みの関税の全部または一部を戻すこと。
減税の一方式。過去の年度に徴収した所得税の一部を納税者に返すこと。特別立法により行われる。戻し減税。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戻し税
もどしぜい
tax rebate

一度徴収した関税や内国消費税を、ある一定の条件が満たされた場合に、その一部または全部を払い戻す制度。税の払い戻しのための条件は、国際的あるいは歴史的慣行または国際儀礼として確立されたものが多い。関税の徴収との関係で税の払い戻しが行われる例は、〔1〕輸入貨物が輸入許可前に変質または損傷した場合、〔2〕輸出貨物の製造に使用される特定原料品を輸入した場合、〔3〕課税原料品等による製品を輸出した場合、〔4〕違約輸入品の返送または廃棄の場合などである。物品税についても、課税済みの物品が、〔1〕輸出に向けられた場合、〔2〕特定用途に供された場合、〔3〕返還または製造場に戻し入れされた場合などには、一度徴収された税が払い戻される。物品税では戻し税のかわりに税の還付という用語を用いているが、同じ内容である。酒税など他の内国消費税にも、一度徴収した税を払い戻す制度が組み込まれている。なお、所得税減税の際にも、過去の年度にさかのぼって減税を行い、その減税額を、税務署長への還付請求書などの提出を待って、あるいは給与の支払者を通じて還付することがあるが、これも戻し税あるいは戻し減税などとよばれる。[林 正寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の戻し税の言及

【減税】より

…62年の酒税の10%引下げ,物品税の免税点引上げのように消費税の減税も行われた。また76年には,戻し税(特別減税)として所得税額の一部を還付する形で事後的に減税する措置がとられた。 1960年代以降の減税は,税法上の減税(物価調整減税)の歴史といわれている。…

【戻し税制度】より

…生産者なり商人が製品または商品を国内,国外のいずれで販売するかは,本来自由であるはずだが,国際競争における不利な地位を除くためには,輸出商品につき,すでに納付済みの関税なり,内国消費税を払い戻す必要がある。これと類似の制度として保税制度があるが,これが関税についてのみ適用され,しかも保税地域を経由した輸入商品等にだけ限られるのに対し,戻し税制度は,関税のほか,消費税にも適用される点で異なる。 なお,所得税減税の際にも源泉徴収分の払戻しが行われることがあり,これも戻し税と呼ばれるが,これは免税の一種と解することもできる(これについては〈減税〉の項参照)。…

※「戻し税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

戻し税の関連キーワード報復関税関税法シーリング方式財政関税常関輸入税スムート・ホーリー法関税割当て(制度)スイス方式差額関税制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戻し税の関連情報