コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手取層群 てとりそうぐん

2件 の用語解説(手取層群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手取層群
てとりそうぐん

岐阜県北部,富山県,石川県,福井県の南部にかけて飛騨山地の広い地域に分布する中生代ジュラ紀後期から白亜紀前期にかけての地層。手取川の流域に模式的に分布する。一般に下部は海成層九頭竜亜層群と呼び,上部ジュラ系アンモナイトなどを産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手取層群
てとりそうぐん

飛騨(ひだ)山脈付近に分布する中部ジュラ系‐下部白亜系の地層。おもに礫(れき)岩、アルコーズ砂岩(花崗(かこう)岩が風化してできた砂)、頁(けつ)岩からなる。下部の九頭竜(くずりゅう)亜層群は海成で、アンモナイト(菊石)を産し、中・上部の石徹白(いとしろ)・赤岩両亜層群は汽水成、淡水成で、手取植物群とよばれる植物化石を産する。1980年代以降、福井県に分布する同層群から恐竜化石の発見が相次いでいる。[村田明広]
『石川県白山自然保護センター編・刊『手取川流域中生代手取層群調査報告書』(2002)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手取層群の関連キーワード足羽川北陸電力三ノ峰飛騨石川〈郡〉石川県能美郡福井県三方郡岐阜県羽島郡岐阜県岐阜市山県岩山県北野入会地岐阜県岐阜市山県北野

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手取層群の関連情報