抖擻/斗藪(読み)トソウ

デジタル大辞泉の解説

と‐そう【××擻/斗×藪】

[名](スル)《〈梵〉dhūtaの訳。音字は頭陀》仏語。
衣食住に対する欲望をはらいのけ、身心を清浄にすること。また、その修行。とすう。
雑念をはらって心を一つに集めること。
「いよいよ精神を―して」〈露件連環記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android