コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚粘膜眼症候群 ひふねんまくがんしょうこうぐん mucocutaneous-ocular syndrome

3件 の用語解説(皮膚粘膜眼症候群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皮膚粘膜眼症候群
ひふねんまくがんしょうこうぐん
mucocutaneous-ocular syndrome

急性滲出性炎症性病変が皮膚,口腔および外陰部粘膜,眼その他に,同時的あるいは時期を異にして現れる状態をいう。病理組織学的所見により表在型と深在型に大別される。表在型では皮膚に浮腫性,水疱性紅斑,外陰・口腔粘膜にびらん性病変,眼粘膜に充血性あるいはびらん性病変が生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひふねんまくがん‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【皮膚粘膜眼症候群】

抗生物質や風邪薬などの副作用による薬疹。全身の皮膚、粘膜に紅斑や水疱ができてただれ、眼に結膜炎角膜炎が発症する。重症になると失明、死亡する。スチーブンスジョンソン症候群。SJS(Stevens-Johnson syndrome)。
[補説]原因となる医薬品を服用してから2週間以内に発症することが多いが、数日以内または1か月以上経過して発症することもある。セ氏38度以上の高熱、目の充血、めやに、まぶたの腫れ、目が開けづらい、唇や陰部のただれ、排尿・排便時の痛み、のどの痛み、皮膚の広範囲赤くなるなどの症状がみられる場合は医師の診察を受ける必要がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皮膚粘膜眼症候群
ひふねんまくがんしょうこうぐん

1950年ロビンソンらが皮膚症状、粘膜症状、眼症状を併発する疾患群を一括してよぶことを提唱した疾患名であるが、かなり多様な疾患が包含されていて、現在わが国では皮膚粘膜眼症候群総合研究班によって、〔1〕多形滲出(しんしゅつ)性紅斑(こうはん)(フックスFuchs症候群、スティーブンス‐ジョンソンStevens-Johnson症候群)、〔2〕ベーチェット症候群、〔3〕ライターReiter病に分類されている。しかし、本症を多形滲出性紅斑群と同意語として用いる人もいて、定義に関してはなお混乱がある。本症はヘブラ型多形滲出性紅斑の重症型と一般にみられており、種々の全身症状とともに粘膜病変が特徴的な疾患であり、重症例にはステロイドの内服または注射が必要である。[渡辺晋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皮膚粘膜眼症候群の関連キーワード抗生物質自浄作用中毒疹マクロライド系抗生物質セフェム系抗生物質風邪薬ベータラクタム系抗生物質イオノホア抗真菌性抗生物質大衆薬の通信販売規制

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皮膚粘膜眼症候群の関連情報