コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗菌スペクトル こうきんスペクトルantibacterial spectrum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抗菌スペクトル
こうきんスペクトル
antibacterial spectrum

抗生スペクトル antibiotic spectrumともいう。抗生物質化学療法剤微生物発育阻止作用を,多種類の細菌について観察して,それら細菌の発育を阻止する最小濃度を系列的に比較して図表化あるいは数表化したものをいう。これによって,ある特定の薬剤に対する諸種微生物の感受性を一覧することができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

抗菌スペクトル【こうきんスペクトル】

抗生物質をはじめとする抗菌薬の種々の微生物に対する最低発育阻止濃度を系列化したもので,普通,微生物の分類体系に沿って並列する。また,抗生物質が有効な微生物に印を付けた系列を意味することもある。
→関連項目オキシテトラサイクリンストレプトマイシン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうきんスペクトル【抗菌スペクトル antibacterial spectrum】

ある一つの抗生物質(抗菌性物質化学療法剤)の作用は,普通は選択的であって,ある種の微生物あるいは,ある一群の微生物に対して作用を示す。抗生物質が作用するこのような抗菌作用の範囲,すなわち感受性微生物の範囲を抗菌スペクトルと呼ぶ。たとえばペニシリンやストレプトマイシンは,それぞれ主としてグラム陽性球菌およびグラム陰性杆菌に強い作用を示し,狭い抗菌スペクトルをもつ。一方,クロラムフェニコールテトラサイクリンは,グラム陽性,陰性いずれの菌にも作用するほか,マイコプラズマリケッチアクラミディアに至る広い細菌群に作用を示すので,広範囲(抗菌スペクトル)抗生物質と呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうきんスペクトル【抗菌スペクトル】

抗生物質や化学療法剤が効力を及ぼす病原微生物の範囲とそれらの作用強度を表す語。作用スペクトル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

抗菌スペクトルの関連キーワード子宮付属器炎(卵管炎/卵巣炎)テトラサイクリン系抗生物質マクロライド系抗生物質カルバペネム系抗生物質ヘタシリンカリウムキノロン系抗菌剤ホモスルファミン蛋白質合成阻害剤アミノ糖抗生物質アムホテリシンカルベニシリンリファンピシン作用スペクトルセファレキシングラム陰性菌グラム陽性菌菌交代現象効力

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抗菌スペクトルの関連情報