コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜け ヌケ

デジタル大辞泉の解説

ぬけ【抜け】

抜けていること。あるべきものがないこと。「文章に1行抜けがある」
知恵の足りないこと。また、その人。まぬけ。
俳諧で、主題を句の表面に表さないで、暗にそれをほのめかす手法。談林風で流行した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬけ【抜け】

あるはずのものがないこと。抜けていること。 「名簿に-がある」
知恵の足りないこと。また、その人。
責任を逃れるための言葉。ぬけぐち。 「狂言綺語の-はあれど/歌舞伎・水天宮」
抜け風ふう」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

抜けの関連キーワードMACD(Moving Average Convergence and Divergence)リフレーション(Reflation)ディスインフレーショントゥースフェアリー一癖も二癖もあるリフレーション抜け駆けの功名ずんべら坊主薄らとんかち肩を落とすどじを踏む背抜き更紗すっぽ抜けうろうろ眼ぽんつく風邪の気狂言綺語抜け抜け抜け露地抜け路地

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抜けの関連情報