コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜参り ぬけまいり

百科事典マイペディアの解説

抜参り【ぬけまいり】

お蔭参り

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぬけまいり【抜参り】

近世の伊勢参りの一形態。初見は《寛明日記》の慶安3年(1650)3月14日の条。近世初期には村役人の許可を得ない伊勢参宮を抜参りと呼んでいたが,しだいに主人や親などの許可を得ずに奉公人や子どもなどが参宮することを呼ぶようになった。また慶安3年のほか,1705年(宝永2),71年(明和8)のお蔭参りも抜参りと呼ばれることがあった。近世中期以降になると,抜参りを阻止した主人などが神罰を受けたなどということが信ぜられ,しだいに黙認されるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の抜参りの言及

【伊勢信仰】より

…この傾向は近世に引き継がれ,一生に一度は伊勢参りと上方巡り(かみがためぐり)を兼ねた大旅行に,仲間数人とともに出るものだとの通念が広まった。こうしてほぼ60年の周期で,いわゆる〈お蔭参り〉が勃発し,また〈抜(ぬけ)参り〉といって奉公人などが各自しめし合わせてひそかに参宮の旅に出ることなども流行し,ついに幕末期の〈ええじゃないか〉騒動にまで到達した。もともと日本の民衆には聖地巡拝の思想が根強く存在し,それは山岳宗教に結びついて熊野参詣や大峰・出羽三山への登拝ともなったが,聖地としての伊勢の内外両宮,朝熊(あさま)山登拝にもそれが明らかである。…

【お蔭参り】より

… 1650年3月中旬から5月まで箱根関所を通過した伊勢へ向かう民衆は1日2500人から2600人に及んだ(《寛明日記》)。この時は関東が中心で,お蔭参りとは呼ばれず,抜(ぬけ)参りと呼ばれていた。1705年4月9日から5月29日までの参宮人は362万人であった(《三方会合記録》)。…

※「抜参り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

抜参りの関連キーワード往来手形春日局

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android