コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪鮨 おおさかずし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大阪鮨
おおさかずし

鮨の一種。江戸前握り鮨に対し,大阪特有の押し鮨,巻鮨をいう。箱鮨,巻鮨,さば鮨,蒸鮨などがある。鮨種にはさば,小だい,こはだなどを使う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおさか‐ずし〔おほさか‐〕【大×鮨】

関西風の、甘みを利かせた鮨飯でつくった鮨。巻き鮨・箱鮨(押し鮨)・バッテラなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大阪鮨【おおさかずし】

にぎり鮨に対し関西風の押鮨などの盛合せをいう。押鮨を主体とし太巻鮨,さば鮨などを配する。いずれも濃いめ味付けの鮨飯を用いるので,日持ちがよく,醤油をつけずに食べられる。
→関連項目すし(鮓/鮨)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

おおさかずし【大阪鮨】

大阪を中心に関西で作られるすしの総称。押しずし・太巻きずし蒸しずしなどがあるが、特に押しずしをいうことが多い。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおさかずし【大阪鮨】

江戸前の握り鮨に対して、押しずし・太巻きずしのこと。特に、押しずし。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報