コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押(し)絵 オシエ

デジタル大辞泉の解説

おし‐え〔‐ヱ〕【押(し)絵】

厚紙を花鳥人物などの形に切り抜き、綿をのせて美しい布で包み、物に貼り合わせた細工羽子板壁掛けなどに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おしえ【押絵】

布細工の一種で,人物や花鳥の形を厚紙でつくり,裂(きれ)を押しつけて張り,その間に綿を入れて高低をつけて仕上げたもの。古く中国から渡来した細工技法で,正倉院御物のなかにも祖型的なものが見られる。この細工は江戸時代に入って流行した。羽子板に応用したものを押絵羽子板といい,文化・文政(1804‐30)ころから当時流行の押絵細工をとり入れて人気俳優の似顔などを写したものが登場した。そのほか手箱のふたや壁かけ,絵馬などにも用いられ,江戸時代には家庭婦人の手芸の一つとしておこなわれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の押(し)絵の言及

【アップリケ】より

…4世紀ごろ,ビザンティンでは服飾や室内装飾などに発展し,中世には高度な技術でヨーロッパに普及した。日本へは20世紀初頭に伝わったが,江戸時代から続いている〈押絵(おしえ)〉〈切付け〉〈切嵌(きりば)め〉なども,同様の手法で,小袖の装飾や細工物,アイヌのアツシなどにみられる。【船戸 道子】。…

※「押(し)絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

押(し)絵の関連キーワード女紅場(女工場)春日部押絵羽子板江戸押絵羽子板久留米おきあげ古河竹工画江戸川乱歩斎藤 緑雨夢野 久作喜多川相説狩野吉信曾我直庵太田美恵海北友松はねつき水戸押絵夢野久作木目込み田村直翁埼玉県茨城県