拝趨(読み)ハイスウ

デジタル大辞泉の解説

はい‐すう【拝×趨】

[名](スル)出向くことをへりくだっていう語。急ぎおうかがいすること。参上。
「綺羅をかざりて宮廷に―するなどということの」〈露伴・連環記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいすう【拝趨】

( 名 ) スル
相手の所へ出向くことをへりくだっていう語。参上。 「賀状を以て-の礼に易へ候そろ段/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はい‐すう【拝趨】

〘名〙 他を敬って、その所に出向くことをいう。参上。拝走。
※本朝無題詩(1162‐64頃)九・秋日禅林寺即事〈藤原茂明〉「拝蘭殿秋雲上、観念蓮宮暁月前」
※太平記(14C後)一「征夷将軍と仰で、武臣皆拝趨(ハイスウ)の礼を事とす」 〔薩都剌‐渓行中秋翫月詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android