コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持続勃起症 じぞくぼっきしょう priapism

翻訳|priapism

2件 の用語解説(持続勃起症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

持続勃起症
じぞくぼっきしょう
priapism

陰茎破直症ともいう。性欲とは無関係に陰茎が長時間勃起したままの状態をいう。陰茎海綿体のみの勃起で,亀頭や尿道海綿体は勃起しないから,排尿には支障がない。痛みがあり,快感はまったくない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

持続勃起症
じぞくぼっきしょう

性的興奮を伴わず長時間にわたってみられる陰茎の持続的勃起状態をいう。流入動脈血が多いためにおこるタイプと流出静脈系に障害があるためにおこるタイプに大別されている。いずれにせよ生理的勃起と異なり、亀頭(きとう)や尿道海綿体には充血がおこらず、陰茎海綿体だけが充血して痛みを伴う場合が多い。排尿は可能である。一つの独立した疾患というよりも、いろいろな疾患の一症状として現れ、原発性の陰茎癌(がん)をはじめ、泌尿器関係の悪性腫瘍(しゅよう)からの転移、白血病などのほか、陰茎の炎症や外傷、脊髄(せきずい)損傷に伴う場合もある。最近ではインポテンスの治療の目的で塩酸パパベリンやプロスタグランジンE1を陰茎海綿体に注射した後に発生する医原性のケースが増加している。また原因不明の場合も少なくない。治療としては原因の除去と、動脈血が多量に流入するケースにはまず陰茎海綿体内に貯留した血液を吸引除去した後に血管収縮薬(ノルアドレナリン、ドーパミン、クロニジン、酒石酸水素メタラミノール等)を陰茎海綿体内に注入する。また、充血していない尿道海綿体に陰茎海綿体の血液を流すようにしたり、これで効果がない場合は大伏在静脈に吻合(ふんごう)したりする副血行路造設術も行われる。予後で問題になるのは勃起不能(インポテンス)であるが、これは原因疾患によって異なり、悪性腫瘍や白血病によるものは勃起不能を残すことが多い。[白井將文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

持続勃起症の関連キーワード勃起無関係次元均一の法則陰茎腫瘍慢性陰茎海綿体炎性交不能症陰茎海綿体陰茎骨半陰茎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone