陰茎癌(読み)いんけいがん(英語表記)penile cancer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陰茎癌
いんけいがん
penile cancer

陰茎にできる一種の皮膚癌で,ほとんどが包茎の男子に発生する,比較的まれな腫瘍。壮年期以降の発病が多い。亀頭,または包皮の内面に初め小さなしこり,いぼ,潰瘍ができ,次第に大きくなって,とさか状かきのこ状の形になるか,または大きな潰瘍を形成する。圧痛,悪臭がある。陰茎を切除するか,または放射線治療を行う。日本人には少い癌で,外国でもユダヤ正教徒やイスラム教徒には少い。これらの国では宗教的儀式として生後まもなく,または思春期に割礼 (陰茎の包茎を環状に切取る手術) を行うためと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

陰茎癌【いんけいがん】

男性の全癌腫の4〜5%を占める。病理組織学的には扁平上皮細胞癌がほとんどで,他に基底細胞癌がある。発育はきわめて速く,陰茎先端から,根部,陰嚢,下腹壁に及び,早期に鼠径(そけい)リンパ節に転移する。放置すれば数年で死亡。治療は早期の陰茎切断,付近のリンパ節切除,放射線療法,プレオマイシンを中心とする化学療法の組合せによる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いんけいがん【陰茎癌 penile cancer】

陰茎に発生する悪性腫瘍で,とくに亀頭,冠状溝,包皮内面に生じやすい。皮膚癌の一種で,組織学的には扁平上皮癌に分類される。男子がかかる癌のうち4~5%を占め,40~60歳代の,とくに包茎の者に多くみられる。アフリカ,東南アジアや中国に多いといわれるが,ユダヤ教徒などのように出生時に包皮を切除(割礼)する人々では,その発生率が明らかに低いとされている。包茎では亀頭部に恥垢(ちこう)がたまりやすく,これによる慢性の刺激や感染の合併が本症の誘因と考えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の陰茎癌の言及

【ブレオマイシン】より

…グラム陽性菌・陰性菌,抗酸菌の増殖をよく阻止する。陰茎癌に対する著しい効果が66年見いだされ,その後,扁平上皮癌に対する効果が認められた。扁平上皮癌に著しい効果を示すことがブレオマイシンの特徴であり,これはブレオマイシンが扁平上皮組織によく集まり,そこであまり破壊されないことによる。…

※「陰茎癌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android