コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指嗾/使嗾 シソウ

デジタル大辞泉の解説

し‐そう【指×嗾/使×嗾】

[名](スル)人に指図して、悪事などを行うように仕向けること。指図してそそのかすこと。
「その子供を―して親爺(おやじ)の金を持ち出させた親ざるは」〈寅彦・さるかに合戦と桃太郎
[補説]「しぞく」と読むのは誤り。

し‐ぞく【指×嗾/使×嗾】

指嗾(しそう)」の誤読。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone