コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立(ち)前 タチマエ

デジタル大辞泉の解説

たち‐まえ〔‐まへ〕【立(ち)前】

旅に立つ前。出発する前。
仕事に対する報酬。かせぎ。日当。
「その日の―を此方(こっち)へちゃくぶくして」〈魯文安愚楽鍋

たて‐まえ〔‐まへ〕【立前/建前】

原則として立てている方針。表向きの考え。「―と本音」「―を崩す」
行商人や大道商人が商品を売るときの口上。売り声。
「さあさあこれからがこちの商売…、ああこりゃ―どころぢゃない」〈浄・歌祭文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

立(ち)前の関連キーワード東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センターシーワンターシャン(十万大山)山脈自治体職員の年金保険料着服問題群馬県立前橋工業高等学校進歩自由党[バハマ]マレーシア華人協会在日朝鮮人帰還協定遡及効・溯及効リン(林)県パコルス1世ハリバートン五軍都督府ロシア文学クリオン島ウアンボ州アンギラ島ガボローネマレクラ島ビクトリアSWAPO

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android