コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戒具 かいぐ

5件 の用語解説(戒具の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戒具
かいぐ

刑務所内および護送中の在監者の保安を維持するために用いられる器具。監獄法施行規則により,鎮静衣,防声具,手錠,捕縄の4種が認められている (48条) 。在監者の逃走,暴行,自殺などを防ぐため,あるいは制止にもかかわらず大声を発する場合に使用されるもので,単に苦痛を与える目的や懲罰の目的で使用することは許されない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かい‐ぐ【戒具】

刑事施設拘禁されている人の暴行・逃走・自殺などを防ぐため、その身体の自由を拘束する器具。手錠・捕縄などの類。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

戒具【かいぐ】

被疑者や刑事被告人の逃走,暴行,もしくは自殺などを防ぐために用いる身体を拘束する器具。古くは足枷(かせ),手枷,首枷など種々のものが用いられたが,監獄法(2005年受刑者処遇法制定に伴い,〈刑事施設に於ける刑事被告人の収容等に関する法律〉と改正)施行規則は鎮静衣,防声具,手錠捕縄の4種を規定している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戒具
かいぐ

刑事施設の秩序を乱す行為を防止するため、被収容者の身体に直接物理的拘束を加える器具をさす。1908年(明治41)に制定され2007年(平成19)に全面的に改められた監獄法の下で用いられた語で、鎮静衣、防声具、手錠、捕縄の4種が認められていた。監獄法にかわって施行された刑事収容施設法では「戒具」という語自体が廃止された。同法では「捕縄、手錠及び拘束衣」という表現が用いられており、その器具の使用に関してはきわめて厳格な要件が設けられている(同法78条)。また、捕縄・手錠の使用については、刑事施設の長の判断を待ついとまがないことが多いため、刑務官の独自の権限で使用できるが、使用後速やかにその旨を刑事施設の長に報告しなければならないこととされる(同法78条1項、刑事施設及び被収容者の処遇に関する規則41条1号)。他方、捕縄・手錠よりは強い拘束力を有する拘束衣の使用については、原則として刑事施設の長の命令により刑務官が使用するものとされ、その命令を待ついとまがないときに限り例外的に命令なしに刑務官が使用できるとする。ただし、この例外的な場合でも、刑務官は速やかに刑事施設の長に報告しなければならない(同法78条3項)。[石川正興]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone