コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捩れ/拗れ/捻れ ネジレ

デジタル大辞泉の解説

ねじれ〔ねぢれ〕【×捩れ/×拗れ/捻れ】

ねじれること。ねじれていること。また、ねじれたもの。「庭木の―」「縄の―を戻す」
本来の関係からずれた状態にあること。ちぐはぐになっていること。「党本部と県連で支援に―が生じる」「―現象」「―国会」
物体一端を固定し、他端をその軸に対して直角の面内で回転させたときに物体に生じる変形

よじれ〔よぢれ〕【×捩れ】

よじれること。また、よじれたところ。「帯の捩れを気にする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よじれ【捩れ】

よじれること。ねじれ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

捩れ/拗れ/捻れの関連キーワードクランプ乾燥裂罅キャスト捩り振り子・捩り振子練り歯磨き舌状熔岩コンボリュート層理モノコックボディ複成片麻岩内褶曲腹の皮が捩れるエアヒーヴ構造フレバイト封蝋構造縄状熔岩腹の皮捩れるねじれ捩り秤継手国会県連庭木

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android