授権(読み)ジュケン

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐けん【授権】

[名](スル)一定の資格・権利・権限などを特定の人に与えること。特に、代理権を授与すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅけん【授権】

代理権を授与する法律行為授権行為という。現実に行われる代理行為は本人・代理人間における実質的権利義務関係(内部関係)と代理権ないし代理関係(対外的代理関係)とからなっているとみることができるが,授権行為の概念によって委任契約・雇傭契約などの内部関係設定行為と区別して代理権授与行為を考えることができ,具体的代理行為を内的および外的の二つの異なった法的視点から評価することができる。授権行為を契約と解するか単独行為と解するかについては意見が分かれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅけん【授権】

( 名 ) スル
〘法〙 特定の人に一定の権限を与えること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

授権の関連情報