授権(読み)じゅけん

精選版 日本国語大辞典「授権」の解説

じゅ‐けん【授権】

〘名〙 一定権利権限などを特定の人に与えること。特に代理権を付与すること。
※民事訴訟法(明治二三年)(1890)四五条「法律上代理人たる資格及び訴訟を為すに必要なる授権」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「授権」の解説

じゅ‐けん【授権】

[名](スル)一定の資格・権利・権限などを特定の人に与えること。特に、代理権を授与すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「授権」の解説

じゅけん【授権】

代理権を授与する法律行為授権行為という。現実に行われる代理行為本人・代理人間における実質的権利義務関係(内部関係)と代理権ないし代理関係(対外的代理関係)とからなっているとみることができるが,授権行為の概念によって委任契約・雇傭契約などの内部関係設定行為と区別して代理権授与行為を考えることができ,具体的代理行為を内的および外的の二つの異なった法的視点から評価することができる。授権行為を契約と解するか単独行為と解するかについては意見が分かれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android