コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

授権 ジュケン

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐けん【授権】

[名](スル)一定の資格・権利・権限などを特定の人に与えること。特に、代理権を授与すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅけん【授権】

代理権を授与する法律行為授権行為という。現実に行われる代理行為は本人・代理人間における実質的権利義務関係(内部関係)と代理権ないし代理関係(対外的代理関係)とからなっているとみることができるが,授権行為の概念によって委任契約・雇傭契約などの内部関係設定行為と区別して代理権授与行為を考えることができ,具体的代理行為を内的および外的の二つの異なった法的視点から評価することができる。授権行為を契約と解するか単独行為と解するかについては意見が分かれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅけん【授権】

( 名 ) スル
〘法〙 特定の人に一定の権限を与えること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

授権の関連キーワードオーソライズド・キャピタル作為・不作為請求の執行国家総動員法国家非常事態国連事務総長オルドナンス米州開発銀行旅行信用状全権委任法信用指図書発行済株式白紙委任状授権株式多国籍軍行政規則委任条例授権資本新株発行任意代理無名契約

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

授権の関連情報