コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛錫/挂錫 カシャク

デジタル大辞泉の解説

か‐しゃく〔クワ‐〕【×錫/××錫】

錫杖(しゃくじょう)を僧堂の壁に掛ける意》行脚の禅僧が、僧堂に滞在し修行すること。転じて、僧堂に籍をおいて修行すること。掛搭(かた)。→飛錫(ひしゃく)

け‐しゃく【×錫/××錫】

修行僧が行脚(あんぎゃ)の途中で他の寺にとどまること。かしゃく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

掛錫/挂錫の関連キーワード伊藤 道海山本 玄峰黄檗慈光東海東達修行僧駐錫

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android