寇準(読み)こうじゅん(英語表記)Kou Zhun; K`ou Chun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寇準
こうじゅん
Kou Zhun; K`ou Chun

[生]建隆2(961)
[没]天聖1(1023)
中国,北宋初期の政治家,詩人。華州下哨 (かけい。陝西省) の人。字は平仲。諡は忠愍 (ちゅうびん) 。太平興国4 (979) 年進士に及第。大理評事,枢密院直学士,塩鉄判官などを歴任,太宗から深く信任されたが,あまりにも剛直であったため,地方に左遷された。真宗が即位すると中央に帰り,景徳1 (1004) 年宰相となり,契丹の侵入に対して功績を上げた。のち莱国 (らいこく) 公に封じられたので,寇莱公とも呼ばれる。しかし再び左遷され,衡州 (湖南省) の司馬として没した。名宰相として評判が高かったが,詩人としては当時の高官の間で流行した西崑体 (李商隠詩風) とはやや異なった詩風をもち,王維韋応物,孟郊らの影響を受け,自然の哀愁をこまやかに歌った詩が多い。ただ,宰相の詩としては感傷的にすぎるとの評があった。詩集『寇忠愍公詩集』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうじゅん【寇準 Kòu Zhǔn】

961‐1023
中国,北宋の政治家。字は平仲,諡(おくりな)は忠愍(ちゆうびん),萊(らい)国公とも呼ばれる。華州下邽(かけい)(陝西)の出身。太平興国4年(979)の進士。剛勇で直言をはばからず,太宗から唐の魏徴になぞらえられた。真宗の初年(1004)宰相となり,侵入してきた契丹軍に対し,弱腰の真宗を親征にふみきらせ,澶淵(せんえん)の盟を結ぶことに成功した。国初よりの契丹との関係に決着をつけ,北宋の平和をもたらした功績は大きい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android