コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寇準 こうじゅん Kou Zhun; K`ou Chun

2件 の用語解説(寇準の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寇準
こうじゅん
Kou Zhun; K`ou Chun

[生]建隆2(961)
[没]天聖1(1023)
中国,北宋初期の政治家,詩人。華州下哨 (かけい。陝西省) の人。字は平仲。諡は忠愍 (ちゅうびん) 。太平興国4 (979) 年進士に及第。大理評事,枢密院直学士,塩鉄判官などを歴任,太宗から深く信任されたが,あまりにも剛直であったため,地方に左遷された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうじゅん【寇準 Kòu Zhǔn】

961‐1023
中国,北宋の政治家。字は平仲,諡(おくりな)は忠愍(ちゆうびん),萊(らい)国公とも呼ばれる。華州下邽(かけい)(陝西)の出身。太平興国4年(979)の進士。剛勇で直言をはばからず,太宗から唐の魏徴になぞらえられた。真宗の初年(1004)宰相となり,侵入してきた契丹軍に対し,弱腰の真宗を親征にふみきらせ,澶淵(せんえん)の盟を結ぶことに成功した。国初よりの契丹との関係に決着をつけ,北宋の平和をもたらした功績は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寇準の関連キーワード晏嬰晏殊王欽若蔡襄徐光啓曹知白范仲淹諡・贈り名・謚宋敏求呂夷簡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寇準の関連情報