コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

採草採貝業 さいそうさいかいぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

さいそうさいかいぎょう【採草採貝業】

藻類と貝類を対象とする小規模な漁業。用途に適した特殊な雑漁具を使うことが多い。
[採草seaweed collecting]
 海藻をとることを主目的とする漁業だが,農林水産統計上は藻類をとる漁業であっても潜水器漁業は除く。水深20mぐらいまでの藻類が対象なので,漁業の規模は小さく,3トン未満の漁船による操業がほとんどである。おもな対象種は,食用とするコンブ,ワカメと寒天原料のテングサオゴノリなどである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android