コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

換歯 かんし replacement of teeth

4件 の用語解説(換歯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

換歯
かんし
replacement of teeth

脊椎動物にみられる歯の生え替わり現象。哺乳類は一換歯性で,通常1回更新し,最初の歯を乳歯,それに代って生じる歯を永久歯という。哺乳類でも一部のもの (クジラ,単孔類など) は不換歯性である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かん‐し〔クワン‐〕【換歯】

脊椎動物において歯が生え換わる現象。多くの哺乳類では一度だけ乳歯から永久歯に抜け換わるが、ネズミ類では歯が一生涯伸びつづけるため換歯はしない。哺乳類以外では、摩耗すれば何回でも新しい歯に換わる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんし【換歯】

脊椎動物で、歯が抜けかわる現象。哺乳類では普通、一生に一回おこる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

換歯
かんし

脊椎(せきつい)動物の歯が生え換わること。ヒトでは生後9か月ぐらいから乳歯が生え始め、3歳ぐらいまでに生えそろう。やがておよそ6歳になると、ほぼ生えた順に乳歯が抜け落ち始め、かわりに永久歯が後を埋めてゆく。このように一生のうちに1回歯が生え換わるものを一換歯性あるいは二生歯性といい、ほとんどの哺乳(ほにゅう)類がこれにあたる。他方、爬虫(はちゅう)類以下の動物では、歯の数も多く、消耗に伴って何度でも生え換わる多換歯性である。換歯がおこる機構はかならずしも明らかではないが、顎骨(がくこつ)の発達(容量と知能の両面における脳の成長を反映している)に見合った歯をつくるためにおこると考えられている。[和田 勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

換歯の関連キーワード血リンパ原索動物後生動物脊索排卵発生無脊椎動物微胞子虫目ベル現象脊椎動物門

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone