コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

換歯 かんしreplacement of teeth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

換歯
かんし
replacement of teeth

脊椎動物にみられる歯の生え替わり現象哺乳類は一換歯性で,通常1回更新し,最初の歯を乳歯,それに代って生じる歯を永久歯という。哺乳類でも一部のもの (クジラ,単孔類など) は不換歯性である。一方哺乳類以外は多換歯性で,消耗に伴って何度でも更新する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐し〔クワン‐〕【換歯】

脊椎動物において歯が生え換わる現象。多くの哺乳類では一度だけ乳歯から永久歯に抜け換わるが、ネズミ類では歯が一生涯伸びつづけるため換歯はしない。哺乳類以外では、摩耗すれば何回でも新しい歯に換わる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんし【換歯】

脊椎動物で、歯が抜けかわる現象。哺乳類では普通、一生に一回おこる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

換歯
かんし

脊椎(せきつい)動物の歯が生え換わること。ヒトでは生後9か月ぐらいから乳歯が生え始め、3歳ぐらいまでに生えそろう。やがておよそ6歳になると、ほぼ生えた順に乳歯が抜け落ち始め、かわりに永久歯が後を埋めてゆく。このように一生のうちに1回歯が生え換わるものを一換歯性あるいは二生歯性といい、ほとんどの哺乳(ほにゅう)類がこれにあたる。他方、爬虫(はちゅう)類以下の動物では、歯の数も多く、消耗に伴って何度でも生え換わる多換歯性である。換歯がおこる機構はかならずしも明らかではないが、顎骨(がくこつ)の発達(容量と知能の両面における脳の成長を反映している)に見合った歯をつくるためにおこると考えられている。[和田 勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

換歯の関連キーワード脊椎動物霊長類和田臼歯

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android