コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揩鼓 かいこ kai-gu

4件 の用語解説(揩鼓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

揩鼓
かいこ
kai-gu

中国,日本で古代に用いられた擦奏ドラム。別名「答臘鼓」。直径約 40cm,長さ約 20cmの円筒形の胴の両端に,鉄製の輪に縫いつけた皮を当て,鼓と同様に調べ紐で締めつけ,手でこする「すりつづみ」であったらしい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かいこ【揩鼓 kāi gǔ】

古代中国の鼓。答臘鼓(とうろうこ)とも言う。インド起源で,中国の六朝時代に西域から伝来し,宮廷燕饗楽のための西域楽(十部伎)の亀茲(きじ)楽,疎勒(そろく)楽,高昌楽で用いられた。その奏法は左手で一革面をささえて,右手の指ですって鳴らすか,あるいは指弾する。朝鮮や日本にも伝えられた。日本へは奈良時代に唐楽と共に入ったが,鎌倉時代以後奏法に変化が見られ,後に締太鼓となって奏法も一変し,形も小さくなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいこ【揩鼓】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

揩鼓
かいこ

中国・日本の膜鳴楽器。現存しない。中央のくびれた短い胴(匡(きょう))の両端に輪の枠のついた革面を当て、2枚の膜面を調緒(しらべお)で引っ張り寄せて膜に張力を与える締太鼓(しめだいこ)の一種。膜面が水平になるように左手で持ち、上の膜面だけを右手の指ではじいたり、こすったりして奏したので、日本名を摺鼓(すりつづみ)(須利都々美)ともいう。「揩」にも「こする」「打つ」の意がある。西アジア、インドに由来すると考えられるこの楽器は、アーリア語のtab(打つ)などの語をも想起させる答臘鼓(とうろうこ)という中国名をももっている。ガンダーラやボロブドゥールの遺跡の美術品に類似の形がみられ、中国隋(ずい)・唐代の燕京(えんきょう)楽や初期の日本雅楽に使われていたなど、その分布は広く、各地の後世の締太鼓の祖型とも考えられる。[山口 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

揩鼓の関連キーワード答臘鼓うろうろ涙四の鼓挹婁うろうろ眼少皥摺鼓唐蝋梅河北桃浪十寸見藤十郎(3代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone