コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揩鼓 かいこkai-gu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

揩鼓
かいこ
kai-gu

中国,日本で古代に用いられた擦奏ドラム。別名答臘鼓」。直径約 40cm,長さ約 20cmの円筒形の胴の両端に,鉄製の輪に縫いつけた皮を当て,鼓と同様に調べ紐で締めつけ,手でこする「すりつづみ」であったらしい。中国では中央アジアから輸入の胡楽 (こがく) で用いられ,日本では初期の唐楽で用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいこ【揩鼓 kāi gǔ】

古代中国の鼓。答臘鼓(とうろうこ)とも言う。インド起源で,中国の六朝時代西域から伝来し,宮廷燕饗楽のための西域楽(十部伎)の亀茲(きじ)楽,疎勒(そろく)楽,高昌楽で用いられた。その奏法は左手で一革面をささえて,右手の指ですって鳴らすか,あるいは指弾する。朝鮮や日本にも伝えられた。日本へは奈良時代に唐楽と共に入ったが,鎌倉時代以後奏法に変化が見られ,後に締太鼓となって奏法も一変し,形も小さくなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

揩鼓
かいこ

中国・日本の膜鳴楽器。現存しない。中央のくびれた短い胴(匡(きょう))の両端に輪の枠のついた革面を当て、2枚の膜面を調緒(しらべお)で引っ張り寄せて膜に張力を与える締太鼓(しめだいこ)の一種。膜面が水平になるように左手で持ち、上の膜面だけを右手の指ではじいたり、こすったりして奏したので、日本名を摺鼓(すりつづみ)(須利都々美)ともいう。「揩」にも「こする」「打つ」の意がある。西アジア、インドに由来すると考えられるこの楽器は、アーリア語のtab(打つ)などの語をも想起させる答臘鼓(とうろうこ)という中国名をももっている。ガンダーラやボロブドゥールの遺跡の美術品に類似の形がみられ、中国隋(ずい)・唐代の燕京(えんきょう)楽や初期の日本雅楽に使われていたなど、その分布は広く、各地の後世の締太鼓の祖型とも考えられる。[山口 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

揩鼓の関連キーワード摺鼓・揩鼓山口摺鼓

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android