コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩擦的失業 まさつてきしつぎょうfrictional unemployment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摩擦的失業
まさつてきしつぎょう
frictional unemployment

地域間,産業間における労働力移動の不完全性,あるいは季節的理由などによる労働需給の一時的不均衡から生じる失業自発的失業非自発的失業とともに J.M.ケインズの失業分類の一つ。非自発的失業と異なり,短期で一時的な失業形態であって,有効需要が十分な状態にあっても発生するものであり,完全雇用と両立する,と彼は考えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まさつてき‐しつぎょう〔‐シツゲフ〕【摩擦的失業】

企業が求めるスキル、求職者が希望する労働条件など、企業と求職者の双方が、相手側の求める条件を正確に把握していないことによって起こる失業。構造的失業と合わせてミスマッチ失業という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まさつてきしつぎょう【摩擦的失業】

需要の変化により、ある産業が業績不振となって生じた失業者を、他産業がすぐ吸収できない場合に発生する一時的な失業。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

摩擦的失業
まさつてきしつぎょう
frictional unemployment

労働者の労働移動に伴って必然的に発生する一時的、過渡的な失業。たとえば転職などの場合、多くは退職して新しい職を探す過程は時間を要し、その間労働者は失業する。これは各企業の求める労働者の知識・技能と個々の労働者のもつ知識・技能との不一致(ミスマッチ)や労働需給の地域的な偏りなどに起因する。経済のサービス化、ソフト化の進展や高齢化の進展を反映し、自然失業ともよばれるこのタイプの失業は最近増加している。ミスマッチの解消や職業訓練の強化などが有効な政策である。[内島敏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の摩擦的失業の言及

【完全雇用】より

…現実の経済はつねに外部から攪乱を受け,また労働の移動には時間がかかるため,均衡状態においても雇主と労働者の計画する需要と供給が必ずしも実現されない。このような均衡状態において生ずる失業は摩擦的失業と呼ばれ,非自発的失業とはみなされない。労働需要と供給が実質賃金率の関数になり,図に示されるようにそれぞれ右下がりと右上がりの曲線で表されるならば,労働市場の均衡は交点Eで示される。…

【雇用理論】より

…第1は,提供される雇用条件では働きたくないから働いていない状態で,それを自発的失業とよぶ。第2は,たえず変化する状況のもとでは求人と求職がうまく出会わず,そのためにおこる失業で,摩擦的失業とよばれる。第3は,提供される条件で働きたいが求人が限られているために生じる失業で,非自発的失業とよばれる。…

【失業】より

…これはケインズのいう〈非自発的失業〉とほぼ一致するもので,景気の下降局面において,総需要,すなわち個人消費,投資需要,輸出などが減退するために生産が下落し,労働の超過供給(失業)が発生するのである。 もう一つは,摩擦的失業,構造的失業と呼ばれるタイプである。これは総需要の不足によって起こるのではなく,〈労働市場の不完全性〉が主たる原因となって起こる失業である。…

※「摩擦的失業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

摩擦的失業の関連キーワード貨幣的景気理論モーテンセン失業の諸形態UV 分析雇用理論失業人口失業者労働者業績

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android