コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩竭魚 まかつぎょ

2件 の用語解説(摩竭魚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摩竭魚
まかつぎょ

サンスクリットのマカラ makaraの漢訳。経典に出てくる空想上の巨魚で鯨魚ともいう。頭部と前肢は羚羊 (れいよう) やわにのようで,体躯や尾は魚形で表わされる。しばしば船を飲み込み,海底に穴居しているといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

摩竭魚
まかつぎょ

海の怪物、巨大な魚の一種。摩竭はサンスクリット語およびパーリ語のマカラmakaraの音写。インド神話には、愛の神カーマkmaの象徴として、あるいは大洋神バルナVaruaの乗り物として現れ、そのワニのような独特の形像は門(マカラトーラナ)とか、頭や耳の飾りに使用される。実在する魚としては鮫(さめ)に相当する場合が多く、仏教の経典、とくに律典のなかにその歯や骨を用いてつくった道具・装飾品がみられる。[片山一良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

摩竭魚の関連キーワードサンスクリット劇サンスクリット語サンスクリット文学悉曇モニエル・ウィリアムズ古典サンスクリット古典サンスクリット文学サンスクリット化《サンスクリット大辞典》《サンスクリット文法》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone