コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撮像デバイス さつぞうデバイス image sensing device

1件 の用語解説(撮像デバイスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さつぞうデバイス【撮像デバイス image sensing device】

入射光学像を,定められたテレビジョン方式に基づく電気的映像信号に変換する機能をもつデバイスの総称。一般にその動作は,入射光をその明暗に応じた電気量に変換する光電変換と,感度を高めるために電気量をある期間保持して積分する信号蓄積と,光学像に対応して得られた電気量の空間分布を時系列の映像信号として取り出すための走査からなる。入射光は可視光が一般的であるが,X線,紫外線赤外線などの不可視光や,超音波を対象とするものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

撮像デバイスの関連キーワード高品位テレビテレビジョンユーロビジョンデジタル・ハイビジョン・テレビ高精細度テレビジョンテレビテレビジョンサテライト有線テレビジョン放送法共同テレビジョン福井テレビジョン放送

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone