コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

攀縁(読み)ハンエン

デジタル大辞泉の解説

はん‐えん【×攀縁】

[名](スル)
物にすがってよじのぼること。また、人を頼りにして立身出世をはかること。
「権家の門に出入し、官府間に―するの徒与の為に」〈雪嶺・偽悪醜日本人〉
心が対象によって働きを起こすこと。また、対象にとらわれること。
「よろづに―しつつせむ念誦、読経は、かひはあらむとすらむやは」〈栄花・初花〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんえん【攀縁】

( 名 ) スル
〔「へんえん」とも〕
たよりにしてよじ登ること。 「蔓生植物其間に巻旋-す/日本風景論 重昂
俗縁にひかれ、かかずらうこと。 「よろづに-しつつせむ念誦・読経はかひはあらん/栄花 初花
いきどおること。 「舎利弗、此を聞て-をおこして隠れ居ぬ/今昔 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android