コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

攀縁 ハンエン

デジタル大辞泉の解説

はん‐えん【×攀縁】

[名](スル)
物にすがってよじのぼること。また、人を頼りにして立身出世をはかること。
「権家の門に出入し、官府間に―するの徒与の為に」〈雪嶺・偽悪醜日本人〉
心が対象によって働きを起こすこと。また、対象にとらわれること。
「よろづに―しつつせむ念誦、読経は、かひはあらむとすらむやは」〈栄花・初花〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんえん【攀縁】

( 名 ) スル
〔「へんえん」とも〕
たよりにしてよじ登ること。 「蔓生植物其間に巻旋-す/日本風景論 重昂
俗縁にひかれ、かかずらうこと。 「よろづに-しつつせむ念誦・読経はかひはあらん/栄花 初花
いきどおること。 「舎利弗、此を聞て-をおこして隠れ居ぬ/今昔 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

攀縁の関連キーワード日本風景論つる植物立身出世舎利弗攀援

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android