支払場所(読み)しはらいばしょ

世界大百科事典 第2版の解説

しはらいばしょ【支払場所】

一般には債務履行としての支払をなすべき地点をいう(〈弁済〉の項参照)が,手形または小切手に関しては,その支払をなすべき場所として証券上に記載された地点をいう。手形(小切手)の支払は,支払地のなかにある支払人または振出人(約束手形の場合)の営業所または住所でなされる(同所払・当地払)のが原則であるが,振出人または支払人が振出しまたは引受けに際し支払地内にある,それ以外の場所を証券上に指定したときは,この支払場所において支払呈示および拒絶証書の作成がなされなければならない(手形法4,27条,77条2項,小切手法8条)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android