コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支払場所 しはらいばしょ

1件 の用語解説(支払場所の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しはらいばしょ【支払場所】

一般には債務の履行としての支払をなすべき地点をいう(〈弁済〉の項参照)が,手形または小切手に関しては,その支払をなすべき場所として証券上に記載された地点をいう。手形(小切手)の支払は,支払地のなかにある支払人または振出人(約束手形の場合)の営業所または住所でなされる(同所払・当地払)のが原則であるが,振出人または支払人が振出しまたは引受けに際し支払地内にある,それ以外の場所を証券上に指定したときは,この支払場所において支払呈示および拒絶証書の作成がなされなければならない(手形法4,27条,77条2項,小切手法8条)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

支払場所の関連キーワード始期同時履行の抗弁権弁済履行履行不能連帯保証債務不履行支払い保証人保証債務の履行と税

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

支払場所の関連情報