(読み)セイ

  • まつりごと
  • まつりご・つ
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

[音]セイ(漢) ショウ(シャウ)(呉) [訓]まつりごと
学習漢字]5年
〈セイ〉
国家・社会を正しくおさめること。まつりごと。「政権政策政治政党政府政令悪政為政王政行政憲政国政参政市政施政失政善政内政農政暴政
筋道を立ててやりくりすること。「家政財政
〈ショウ〉まつりごと。「摂政太政官(だいじょうかん・だじょうかん)
[名のり]おさ・かず・きよ・こと・すなお・ただ・ただし・ただす・なり・のぶ・のり・まさ・まさし・ゆき
[難読]主政(じょう)政所(まんどころ)
《「祭り事」の意。上代では祭政一致であったところから》国の主権者がその領土・人民を統治すること。政治。政道。「を執る」「が乱れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 不正をただすこと。また、国をおさめること。まつりごと。あるいは、おきて。〔和英語林集成(初版)(1867)〕 〔論語‐為政〕
② 教え。道。
※魚玄機(1915)〈森鴎外〉「玄機はさう云ふ時にも客を迎へずに、籠居して多く詩を作り、それを温に送って政(セイ)を乞うた」 〔大戴礼‐盛徳〕
〘他タ四〙 (「まつりごと」の動詞化)
① 政治を行なう。世の中を統治する。まつりごとをする。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「左大臣のおとど世中をまつりごち」
② 世話をやく。手配する。さしずする。
※栄花(1028‐92頃)見はてぬ夢「三位の中将の御事をいみじき事におぼして〈略〉我は大殿籠らでよろづをまつりごち給」
〘名〙
① 神を敬い慰撫・鎮魂し、祈願感謝すること。神をまつること。祭祀。
※源氏(1001‐14頃)行幸「尚侍の宮づかへする人なくては、かの所のまつりことしどけなく」
② (古代においては、神をまつり、神の意を知ってそれを行なうことが、そのまま国を統治することであったところから、転じて) 君主・主権者が、その国の領土・人民を統一し治めること。政治。政道。
※書紀(720)継体元年三月(前田本訓)「皇后手白香皇女を立てて内(うちつこと)に脩教(マツリコト)せしむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android