コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教会裁判所 きょうかいさいばんしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教会裁判所
きょうかいさいばんしょ

初期キリスト教会では,特に司教制の確立後,司教が教会の秩序維持に必要な権限を行使し,また信者間の紛争に対し仲裁判断を下した。前者は教会の刑事裁判起源であり,後者が民事裁判の起源である。元来,教会裁判所の権限は教会内部にとどまるものであったが,中世以後教皇権が伸長し,教会勢力が世俗的にも強化されてくると,教会事項のみならず世俗の一般事項 (たとえば,婚姻,婚約,十分の一税,擁護権,宣誓を伴う契約,遺言,貧民寡婦・孤児など法的救助を欠く者の事件,当事者の一方に罪悪 peccatumが存する事件など) にも管轄権をもつにいたった。審級制をとり,第1審は各司教区の,第2審は他教区の裁判所またはロタ (聖論) 裁判所であった。ローマ法やカノン法の専門家から成るこの裁判所は,非専門家から成る当時の世俗裁判所に対し啓蒙的かつ指導的役割を演じた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

教会裁判所【きょうかいさいばんしょ】

ヨーロッパにおけるキリスト教会の司法的機関。中世後期以降ローマを頂点とする各地の教会裁判所の活動は,世俗国家の裁判権と拮抗(きっこう)して高度な発展を遂げ,特に全ヨーロッパにわたる統一的な普通法の形成に関して歴史的に重大な機能を果たしたとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

教会裁判所の関連キーワードイョンチョーピング初期キリスト教会コンコルダートポートランド教会法

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教会裁判所の関連情報